借金問題

借金問題についてこんなお悩みはありませんか?

  • 金利の支払いに追われ、元本がなかなか減らない
  • 住宅ローンが払いきれない
  • 債務整理を弁護士に依頼するメリットが分からない
  • 勤務先や家族に知られずに債務整理を進めたい
  • 破産をすると戸籍に残ると聞いたが、実際はどうなのか

弁護士へ依頼するメリット

弁護士が付く最大のメリットは、債権者に受任通知を出すことで、取り立てや催促の連絡などが止まることです。

 

以後、ご依頼人と直接連絡するには、弁護士の許可が必要になります。精神的な負担が低減されるばかりでなく、対応に費やしていた時間を有効に活用することができるでしょう。

債務整理の方法

借金を減らす、もしくは完全になくすには、以下に挙げる3通りの手続きがあります。ご依頼人の希望を細かく伺いますので、その後の生活が負担にならないようなプランを、一緒に築き上げていきましょう。

任意整理

弁護士があなたに代わって債権者と新たな返済プランや返済額の減免について話し合います。話し合いがうまくいかない場合には民事調停手続など裁判上の手続で話し合うことも可能です。

個人再生

裁判所に提出した再生計画が認可されると債務が大幅に減額され、3年ないし5年で減額された債務を支払うという手続です。一定の条件を満たせば自宅を残すことも可能です。

自己破産

裁判所によって強制的に財産を整理して精算する手続です。財産をすべて失うことになりますが、その反面、債権者の同意は必要なく、財産を整理した結果残る債務もすべて支払わなくてよくなります。